忍者ブログ

鳥獣ギガバイト

落書き倉庫用のブログ

[PR]

×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

堕ちた神の鳥

5c52083b.jpg
ガルーダってなんのこっちゃと思ってたら迦楼羅(カルラ)のことだったんですね。


ガルーダは半人半鳥の姿をし神通力を駆使するインドの霊鳥だそうです。そのガルーダが仏教に取り入れられた姿が、八部衆の迦楼羅のようです。
ガルーダは霊鳥、カルラは仏教を守る存在ですが、どちらも人の体に鳥の頭部など、人と鳥が入り混じった姿をして描かれることが多いようですね。阿修羅像で有名な興福寺のカルラ像もなかなかファンキーなお顔をしておられます。
 

また、カルラが日本に伝わって天狗の原型になったという説もあるようです。天狗の成立は中世と言われています。
ただ、天狗という存在自体は仏教が伝わる以前からあったようで、日本書紀にも天狗という記述があります。(なんか狐っぽい姿)
その天狗という既存の存在に、ガルーダやカルラの半人半鳥のイメージ、また当時盛んだった山岳信仰の修験者の姿が結びついて、いわゆる烏天狗の姿になったのではないかと思います。
赤い顔に高い鼻というイメージの天狗は割と最近のものなので、多分最初は烏天狗のようなものとして描かれていたんじゃないかと思います。中世の絵とか見てもほとんどが烏天狗の姿で描かれてるし。
 

ただ、ガルーダやカルラと違うのは、この二つは神聖なものなのに対して、日本に入って天狗になった後は、邪悪なイメージを持ったということです。  
太平記で滅びゆく北条高時の前に現れた化け物どもも天狗と言われています。この天狗は高時に対して「天王寺の妖霊星を見ばや」と、天下が乱れるであろうことを予言しています。

また亡者=天狗というイメージもあるようで、足利に殺された護良親王とその他複数(名前忘れた)が、天狗になって足利への復讐を密談している姿を某僧が目撃したという話もあるようです(出典わすれたけどたぶん太平記とかと同じ時代だと思いたい)。
 

ああなんかもう疲れた。つまりはこういうことです。
0925a126.jpg

あとはまあ天狗には英雄的な一面もあるようですね。天狗に教えを受けた牛若丸とか。江戸以降のキャラクターとしての天狗とか。
高尾山とか天狗が信仰の対象になってるのは山岳信仰と結びついたんだと思います。
 

----------
拍手ありがとうございました!
PR

Comment

お名前
タイトル
E-MAIL
URL
コメント
パスワード

Trackback

この記事にトラックバックする

Copyright © 鳥獣ギガバイト : All rights reserved

TemplateDesign by KARMA7

忍者ブログ [PR]

管理人限定

カレンダー

12 2020/01 02
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31

最古記事

プロフィール

HN:
橋本
性別:
非公開
自己紹介:
日本史と鳥と恐竜が好き。あと戦闘機。