忍者ブログ

鳥獣ギガバイト

落書き倉庫用のブログ

[PR]

×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

名前の由来


アビ【阿比】【アビ目アビ科】【学名:Gavia stellata】【英名:Red-throated Diver】
語源は不明。足広や足ひれの転語ともいわれる。「あとあし」「へいけどり」「へいけだおし」などの異名がある


オオハム【大波武】【アビ目アビ科】【学名:Gavia arctica】【英名:Black-throated Diver】
オオハムのハムは「食む」から来たものと思われる。アビと同様「へいけどり」「へいけだおし」の異名があるが、これは壇ノ浦のある瀬戸内海に多いことからである。
 

カイツブリ【鳰】【カイツブリ目カイツブリ科】【学名:tachybaptus ruficollis】【英名:Little Grebe】
「掻きつ潜りつ」(カキツムグリツ)が変化した、京都弁で「カイ」=たちまち、「ツブリ」=水に潜るときの音からきているなどの説がある。古名「にお」「にほどり」「鳰」は、水に潜ることを意味している。異古名「しながどり」「やさかどり」「たくみどり」「むぐり」など多数ある。
 

アホウドリ【阿呆鳥、信天翁】【ミズナギドリ目アホウドリ科】【学名:Diomedea albatrus】【英名:short-tailed albatross(albatross)】
人を恐れず簡単に捕獲できたことから「阿呆鳥」の名がついた。異名「ばかどり」「とうくろう」。信天翁もお人好しという意味。また「沖の大夫」「あねこどり」などの名もある。国の天然記念物。UV(絶滅危惧種Ⅱ類)
 

ミズナギドリ【水凪鳥、水薙鳥】【ミズナギドリ目ミズナギドリ科】【学名:】【英名:(Shearwater)】
「ミズナギドリ」という単体の種名はなく、総称。海面を滑空し、波頭を薙ぎ払うように飛ぶことからこの名がついた。古名「をきのかもめ」「をきのそふ」「うみとり」「かつをどり」(現在のカツオドリとは別物)
 

ウミツバメ【海燕】【ミズナギドリ目ウミツバメ科】【学名:】【英名:(Storm-petrel)】
「ウミツバメ」という単体の種名はなく、総称。小型の海鳥で体型がツバメに似ていることからこの名がついた。
 

ネッタイチョウ【熱帯鳥】【ペリカン目ネッタイチョウ科】【学名:】【英名:(Tropicbird)】
「ネッタイチョウ」という単体の種名はなく、総称。熱帯の海洋を中心に生息していることからこの名がついた。
 

カツオドリ【鰹鳥】【ペリカン目カツオドリ科】【学名:Sula leucogaster】【英名:BrownBooby(Booby)】
江戸時代まではミズナギドリが「かつをどり」と呼ばれていた。そこから分裂した?
 

ウ【鵜】【ペリカン目ウ科】【学名:】【英名:(Cormorant)】
「ウ」という単体の種名はなく、総称。「浮く」「産む」「うみどり」等の頭文字と言われている。


グンカンドリ【軍艦鳥】【ペリカン目グンカンドリ科】【Frigate bird】
グンカンドリ科の総称。


サギ【鷺】【コウノトリ目サギ科】【Egret】
騒がしい意味の「サヤギ(騒ギ)」、白い色の「サヤケキ(鮮明)」など諸説ある。なお、サギ科にはアオサギ、ゴイサギ、クロサギなどが含まれるが、古来はシラサギのみをサギとしていることが多い。


ゴイサギ【五位鷺】
醍醐天皇が、池にいる鷺を捕るよう命じた際、大人しく捕えられ、神妙であると五位の位を授かったという、平家物語からこの名が来た。古名「いび」「いひ」。異古名「なべかぶり「よさぎ」「よがらす」


ヨシゴイ【葦五位】
葦原に住むゴイサギの意味。古名「さやつきどり」


ミゾごい【溝五位】
田んぼの水を引く溝に住むゴイサギの意味。異古名「おずめとり」「ひのくちまもり」は田や水路を守る鳥の意味。


ササゴイ【笹五位】
翼の模様が笹に見えることから、また、「ささ」は小さいという意味から、小さめのゴイサギという説もある。


アマサギ【黄毛鷺、亜麻鷺、猩々鷺】
飴色のサギ「アメサギ」がなまったものと考えられる。


コウノトリ【鸛】【コウノトリ目コウノトリ科】【(Stork)】
中国名「雚」(クワン)が転じたと言われている。古名「おほとり」「こうづる」「しりくろ」。特別天然記念物。CR(絶滅危惧種ⅠA類)


トキ【鴇、朱鷺】【コウノトリ目トキ科】【(Ibis)】
奈良時代の古名「つき」「つく」がなまったものと言われている。異古名の「たう」「たうのとり」は鳴き声から来たらしい。特別天然記念物。EW(野生絶滅)。日本の野生個体群は絶滅した。

PR

竜族の直系の末裔

326e6967.jpg
今日改めて自分は鳥が好きなんだと実感しました。

鳥は実にかっこいいです。かわいいです。きれいです。
飛ぶために完璧に設計された無駄のないスタイルすんばらしいです。
どんなに人の飛行技術が発達してどんなにすごい戦闘機が出てきても、鳥の美しさには絶対に勝てないと思います。まじ完璧。
ほんともう鳥すき。だいすき。

小翼羽自分用メモ

d0003f6c.jpg
鳥の翼の前縁に付いている小さな羽のことを「小翼羽」(しょうよくう)といいます。第1指骨と接合していて、部分的には人間の親指に相当します。普段の飛翔時には閉じられています。

アスペクト比とかいろいろあるけど、空を飛ぶための力である揚力は基本的に速度の2乗に比例します。要するに速く飛べば飛ぶほど安定するわけです。
でもいろんな事情で(着地とか)低速で飛ばなければならない時もあるわけです。
でも低速で飛ぶと揚力が落ちます。そこで鳥さんは翼を少し上に向けて、(迎え角を大きくして)揚力を大きくしようとしますが、あまり翼を上に向けると滑らかに流れていた空気の流れが乱れ、失速してしまいます。ブレーキがかかってしまうわけです。

そこで鳥さんは小翼羽と呼ばれる羽を開きます。
小翼羽を開いて隙間を作ることで、空気が翼に沿って流れ、気流が安定し、失速を防いで揚力を発生させます。
1cb1bd6c.jpg
着陸直前のハトさんなどをよく見てみると、小翼羽を開いているのがよくわかります。

鳥様擬人化

cf6cde04.jpg
カラスたん(若鳥)擬人化。
ほぼ全国に分布。雑食性。最もよくみられる種にはハシブトガラスとハシボソガラスがいるが、ハシブトガラスは都市、ハシボシガラスは郊外でみられることが多い。
鳥類の中ではかなり頭がよく、人の識別、道具の使用、野生下での遊戯行動等を行う。また中には数を理解できるものもいる。
集団で生活し、侵入してきたトビやタカに対してはモビングを行う。地上ではウォーキングとホッピングを交えて歩行する。
全身黒一色で、虹彩、口腔内も黒色だが、若鳥は虹彩が青く、口腔内も赤い。
バードテーブルの嫌われ者。カラスが来ると他の鳥が寄り付かなくなるため、バードテーブル設置の際にはカラス対策が必要になる。

鳥様擬人化

e2ffeeac.jpg
ネクタイがすてきなシジュウカラたん擬人化。
ほぼ全国に分布。カラ類の中では最もよくバードテーブルに訪れる種類。あまり人を恐れない。
虫食い。バードテーブルではヒマワリの種や牛脂、バードケーキを好んで食べる。
ヒガラ、コガラなどとよく似ているが、ほかのカラ類とは異なり喉元から下尾筒まで続く黒い縦線がある。

Copyright © 鳥獣ギガバイト : All rights reserved

TemplateDesign by KARMA7

忍者ブログ [PR]

管理人限定

カレンダー

07 2019/08 09
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

最古記事

プロフィール

HN:
橋本
性別:
非公開
自己紹介:
日本史と鳥と恐竜が好き。あと戦闘機。