忍者ブログ

鳥獣ギガバイト

落書き倉庫用のブログ

[PR]

×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

小翼羽自分用メモ

d0003f6c.jpg
鳥の翼の前縁に付いている小さな羽のことを「小翼羽」(しょうよくう)といいます。第1指骨と接合していて、部分的には人間の親指に相当します。普段の飛翔時には閉じられています。

アスペクト比とかいろいろあるけど、空を飛ぶための力である揚力は基本的に速度の2乗に比例します。要するに速く飛べば飛ぶほど安定するわけです。
でもいろんな事情で(着地とか)低速で飛ばなければならない時もあるわけです。
でも低速で飛ぶと揚力が落ちます。そこで鳥さんは翼を少し上に向けて、(迎え角を大きくして)揚力を大きくしようとしますが、あまり翼を上に向けると滑らかに流れていた空気の流れが乱れ、失速してしまいます。ブレーキがかかってしまうわけです。

そこで鳥さんは小翼羽と呼ばれる羽を開きます。
小翼羽を開いて隙間を作ることで、空気が翼に沿って流れ、気流が安定し、失速を防いで揚力を発生させます。
1cb1bd6c.jpg
着陸直前のハトさんなどをよく見てみると、小翼羽を開いているのがよくわかります。

PR

Comment

お名前
タイトル
E-MAIL
URL
コメント
パスワード

Trackback

この記事にトラックバックする

Copyright © 鳥獣ギガバイト : All rights reserved

TemplateDesign by KARMA7

忍者ブログ [PR]

管理人限定

カレンダー

08 2019/09 10
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30

最古記事

プロフィール

HN:
橋本
性別:
非公開
自己紹介:
日本史と鳥と恐竜が好き。あと戦闘機。